トヨタ 30プリウス ハイブリッドバッテリー交換 リビルト TOYOTA PRIUS ZVW

今回は千葉県よりお問い合わせ頂いた、S様の30プリウスのハイブリッドバッテリーの警告点灯の為、修理のご依頼でS様よりお車をお預かりにて作業になります。

S様は1度某ディーラーへ車両を持ち込みした際に修理代が20万以上かかるとお見積もりがあったみたいで、インターネットで安い修理業者などを調べていた際に弊社のページをご覧頂き、電話で問い合わせがあり、そのまま当社での修理依頼に至りました。

最近この様にネットをご覧になってのハイブリッドバッテリー交換の問い合わせや、作業が増えて来ています。
やはり時代はネットなのでしょうか…。笑

とは言え、どんな作業内容でもお客様から問い合わせがあると嬉しいですし、大変ありがたいです!

では、話はこの辺にて作業へ取りかかります!

こちらの30プリウスは287000kmにてハイブリッドバッテリーの警告点灯でした。

バックドアを開けてラゲッジのカバーを外して見えるのがハイブリッドバッテリーになります。

実際に外したハイブリッドバッテリーはこの様になってます。
重さが結構あるので取り出す際はまぁまぁ大変です。笑

ハイブリッドバッテリーを外す際には、当社では必ずこちらのハイブリッドバッテリーのファンの方も埃が溜まる箇所でもあり、掃除も出来ない箇所なので溜まった埃を取り除く作業も行っております。
この作業をするだけでも、故障などのリスクを減らす事に繋がるからです。

後は外したハイブリッドバッテリーを専門のリビルト業者に点検して頂き、ダメな箇所だけ交換して行きます。

後は点検に出して戻って来たハイブリッドバッテリーを元通りに戻して、外した内張りなども戻して作業終了です!

もちろん当社でも某ディーラーと同じ専用の診断機に接続して故障診断は行います。
ですが、この際はハイブリッドバッテリーのコードが残っていて更に色々調べて行くと、電池ブロック○○番が電圧が低くなっていて警告が付くケースがほとんどです。

ただし、ハイブリッドバッテリーは無事なケースもあるのです!
ハイブリッドバッテリーを交換したのに、また警告が付くって事もありえるのです!
その際はボルテージセンサーやリレーやコンピューターもダメなケースがあります!

(例)

某ディーラーでは目視で損傷が無い限り、ボルテージセンサーやコンピューターが原因でダメなのかの判断が出来ない為、
ハイブリッドバッテリーだけ交換。
ボルテージセンサーとハイブリッドバッテリー交換。
コンピューターとハイブリッドバッテリー交換。
などとなる事が多いです。
※ボルテージセンサーは(30プリウスに使用)約5万円。
※コンピューターは(20プリウスに使用)約10万円。
※ハイブリッドバッテリーは(車種で変動有り)約15万円。

なので、当社では少しでもお客様の修理費用を抑える事が出来る様にする為に専門ののリビルト業者に点検を依頼してダメな箇所を特定して、リビルト品がある部品に関してはリビルト品をお勧めしています!

今回のS様の30プリウスはボルテージセンサー内の電解コンデンサがダメでハイブリッドバッテリーの方はまだ使用には問題ありませんでした!
それと、リレーの方も少し熱を持つ箇所もありましたので大事を取って交換させて頂きました!

なので、今回のS様の修理代は某ディーラーの修理代の見積もりの1/5程の金額で直す事が出来ました!

今回の様に少しでも修理代を抑えたい方は少し点検でお時間は頂きますが、極力お客様の声に答えられる様に専念します!

また、ある一定の条件に該当するお客様には作業工賃のサービスなどの特典があります!
それとは別に当社では随時ワンコインキャンペーンも行ってますので、是非そちらもご利用下さい!

※状況によっては車両の引き取りや納車も可能なのでご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA